So-net無料ブログ作成

若草萌える高原 [旅]

   カルデラ床の向こう側にかすんで見える阿蘇五岳(根子岳・高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳)は、その山容が涅槃像(ねはんぞう)に見えるといわれます。
KJ (82)-550.jpg

    カルデラ床を通ってこの高原方面へ上がるには、どこかからカルデラ壁というのか外輪山というのかを登らなければなりません。車酔いをする人にとっては非常に辛い坂道。8年ぶりに登りましたが酔い止め薬が効いて大丈夫でした。 カルデラ壁を登りきると、久住連山を背にした高原が広がっています。
KJ (59)-550.jpg
KJ (654)-550.jpg


☆ 初夏の高原に芽吹く植物
TS-1.jpg
まだ見たことはありませんが、毎年3月に行われる野焼きのようすです。これは観光用ではなく、牛が食べる美味しい草のためだそうです。


野放しにされた火は、枯草と病害虫を一気に焼き払う早春の風物詩です。






    野焼きをした標高800~1000mに広がる高原も、今は目にしみるような若草が萌え、ワラビやいろんな小さな花が顔を出していました。この自然の中にいると、穏やかな気分と元気を補充できます。
KJ (135)-550.jpg
ST-4.jpg
ST-11T.jpg

nice!(19) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 19