So-net無料ブログ作成

尾瀬 池塘(ちとう)のヒツジグサ [山旅]

空の蒼が映った濃紺の池に、ヒツジグサの紅葉が、息を呑む美しさでした。

晴天なら、12時ごろに咲きはじめ、午後6時ごろ閉じるらしい。写真は真っ白にトンでいますが、ヒツジグサの花です。ヒツジグサと言う名前は、未の刻(ヒツジのコク、午後2時ごろ)に咲くので、この名前が付いたそうです。山小屋で話を聞くまで、ミヤは羊の足跡と思い込んでいました。(笑)

池に浮かんだ『浮島』です。その名の通り浮いていますから、風で動くのだそうです。   

山小屋では石鹸、シャンプー、ハミガキ等を使用できません。尾瀬の自然を保護するためです。もちろんゴミは持ち帰ります。グリーンボランティアに申し込みますと、ワッペンと小さいゴミ袋を渡されます。尾瀬の自然を楽しみながら、目についたゴミを拾い、持ち帰るだけです。今回は、小さいペットボトル1本を拾っただけでした。美しい自然の中にいると、その大切さを実感します。
  これで、尾瀬を終わります。お付き合いくださって、ありがとうございました。                                                  



共通テーマ:趣味・カルチャー