So-net無料ブログ作成

藤沢周平と小茄子 [絵手紙]

 この小茄子は民田なすみんでん と言いい、山形県鶴岡市の(旧 民田村)の特産らしい。作家の藤沢周平は民田村の隣り村(旧 黄金村)の出身で、彼の作品の中には、郷里の小茄子の塩漬けがよく登場する。

こなす (1)-450.jpg

 藤沢周平は病気療養のため、教職をはなれ故郷を離れ、結果的には回復後も東京暮らしになった。しかし心はつねに荘内地方へ向いているようで、望郷の思いは彼の時代小説のそこここに、郷里の人情・自然や食べ物などのかたちでにじみ出る。小茄子はその一つだと思う。例えば:

◎『野菊守り』 初老の下級武士の五郎助。昼食の握り飯は菜っ葉の漬物の葉でくるみ、上からこんがり焼いたもので、おかずは大てい塩辛いたくあんか、小茄子の漬け物二つ三つである

◎『孤剣』「用心棒シリーズ」の孤剣では、風邪で寝込んだ又八郎と藩屋敷から来た佐知との会話。
「お屋敷では、桶にどっさり漬け物をしてございます。青菜はこのあたりのものを当座漬けにしておりますが、お茄子は塩漬けにしたものを、国から運んで漬けなおし、大根も国でやるように日干しにしてから漬けてあります」
おお、小茄子の塩漬け、しなび大根の糠漬けか」
又八郎は箸をおろして夢見るような眼つきになった。

◎『乳のごとき故郷』


藤沢周平 (1)-150.jpg 特別の事情がないかぎり、郷里をはなれて暮らす者にとっては、自分の生まれ故郷ほど懐かしい場所はないだろう。
 私なども、東京に住んでもう三十年にもなり、その三十年という年月は郷里で暮らした年月より長くなったのに、いまだに東京暮らしは仮の生活であるような感覚が抜けきれず、折にふれては郷里の四季の移り変わりを思い浮かべ、喰べ物の味を思いうかべる癖がとれないのである。
 実際にはわが郷里山形県庄内地方は、冬は雪がつもり、海から来る強い北西風が吹き荒れる土地である。
 いまになって帰り住むには、その冬のことを考えるといささかためらわれる土地だし、喰べ物にしてもむかしのままの味ではないということを聞く。
 すると私が郷里を思い懐かしむ気持ちの中には、多分にただいまの現実と喰い違う思いこみの部分やらが含まれているに違いないのだが、その思いこみのゆえに、郷里はいっそう懐かしく、わが永遠の望郷の土地に思われて来ることも否みがたいのである。

(冒頭の1ページのみで以下省略)
こなすび (5)C-70.jpg


☆ 芭蕉も食べた 初茄子はつなすび  
 「奥の細道」の旅で松尾芭蕉は、出羽三山参詣のため泊った鶴岡で、民田なすを食したらしく、こんな句を残した。

こなす (2)-450.jpg
 
☆ わたしも食べた小茄子の塩漬け
 若いころ舅の故郷で、初めて小茄子を見た。その塩漬けは爽やかに美しく可愛く、歯ごたえや味の感動は、半世紀たった今も鮮明な記憶が残る。この恋焦がれていた「小茄子」を先日スーパーで発見。大感激で塩漬けならぬ下手な絵にして保存しました[わーい(嬉しい顔)]

こなすび (5)C-70.jpg


共通テーマ:日記・雑感

真夏の花 [絵手紙]

フヨウ-300T.jpg[メール]
お元気ですか? 
 先日は都内の気温が37度を超えました。窓を開けると息苦しいような熱風が吹き付けてきて、とても恐ろしくて外出もできません。

そんな猛暑の中でも、気負いもなく咲いているフヨウやムクゲ。特にモミジアオイは太陽に立ち向かう雰囲気さえあります。

暑さに負けていないそんな植物を見ると、わたしも元気をもらえます[わーい(嬉しい顔)]




モミジアオイ-300T.jpg
 『涼しい所』といえば北海道というイメージが大きいですね。

猛暑の街に住んでいると、北海道を想像するだけでも、少しホッとしたりします。

ですが今年は、北海道も暑い日が多くて、気分的に逃げ場がありません。


 なんだか日本ではないような荒々しい気候・・地球は大丈夫なのでしょうか?




共通テーマ:日記・雑感

梅雨です [絵手紙]

TUYU-500T.jpg


 〶 梅雨~真夏の季節に立ち向かうために、徐々に気力と体力を整えていきましょう。では皆さま、お元気で。


共通テーマ:日記・雑感

短かった『初夏』 [絵手紙]

 まだ5月なのに急に夏日や真夏日になって、皮膚がチリチリするような7月の暑さには慌ててしまった[がく~(落胆した顔)];

img337-300.jpg

[メール]
本当の初夏のころは晴れれば爽やか、気分も最高ですよね。

 初夏の季節、植物に向き合う庭仕事は大きな愉しみの一つですから、自然に気分が和み、わたしの精神安定剤みたいな役目をしています[わーい(嬉しい顔)]

 そんな爽やかな初夏の日々は、本当に短かったですね。






img338-300.jpg

 ある日、急に太陽がギラギラしてきて、柔らかだった庭木の葉が一気に猛々しい濃い緑に変わりました。朝、窓を開けるとまぶしい太陽と濃い日陰のコントラストに圧倒されそうです。

 こちらでは蚊も出てきました。もう外でぼんやり愉しんでもいられません。

 それでは皆さま、熱中症や虫刺されにご注意くださいね。






共通テーマ:日記・雑感

新人さんたちへ [絵手紙]

くつ-300.jpg

[メール]新人さん、お元気ですか?
 新しい環境に入る前は不安や緊張で、最初は誰でも同じようにドキドキしていると思いますよ。
 だけど、みんな若さと夢と溢れるエネルギーがある。時には一人涙することがあっても、しっかり自分の進む道を歩いていれば、自然に語り合える友もできてきますからね、大丈夫。
 健康には気を付けてね。





共通テーマ:日記・雑感

今日は立春 [絵手紙]

 暖かい日があったり寒かったりですが、今日はもう立春。
うっかりしていると、知らない間に花は次々に咲き進んでいます。公園のロウばいも満開、あぶなく花を見逃すところでした。
KNU (4)-550.jpg

KNU (17)-550.jpg

KNU (46)-550.jpg


☆ 今日は『立春』 
 『立春』は下図のように一年を24に分けた二十四節気の第一にあたります。

24節気-370T.jpg[メール] ところで『立春』とは日にちではなくて期間なのだそうですね。


 今年で言えば『立春』2月4日から、左図『雨水』の前日の2月18日までの間を『立春』というそうです[わーい(嬉しい顔)]






春 (2)-350.jpg

[メール] いつも『立春』のころは寒いし、思いがけない大雪が降りますが、徐々に春らしくなっていますね[わーい(嬉しい顔)]


 こちらは、今のところ割合に暖かい日が続いています。ただインフルエンザが流行し始めましたので要注意です。









JIN (17)-350.jpg



 2月4日の朝、ジンチョウゲが一輪「春の始まりですよ~」みたいに咲いていい香りです。


 それでは皆さま、暖かくなるまではお気をつけくださいませ。








共通テーマ:日記・雑感

梅は咲いた [絵手紙]

 今冬は、西の地方でも豪雪、ご苦労が多いことでしょう。こちらも最低気温が零度以下の冬日が五日間続いて、急に3月下旬の気温になったりしています。昨日も暖かいので都立砧公園の古木の梅を見に行ってきました。すでに満開でした。
KNU (58)-550.jpg

KNU (70)-550.jpg

KNU (83)-550.jpg

KNU (88)-500.jpg



[メール] 絵手紙

JO-350.jpg
 ブログのアイコンの元絵 
20 おばあちゃん-150.jpg
 5歳のころ、チラシの裏にこれを描いた孫も今年は受験生です。

 今は少子化が進んでいて、大学の運営は苦しいはずですよね。勉強をしたい若者は全員入学出来ることにしてはどうでしょうか。
(暴言?、失礼しました[わーい(嬉しい顔)];)


 受験生の皆さんに、早く『サクラサク』の春が来ると良いですね。



共通テーマ:日記・雑感

サザンカ [絵手紙]

 日本海側や北の地方は大雪、大きな被害が出ないと良いのですが。また昨日と今日は大学センター試験。受験生は交通事情が心配ですね。

山茶花T -300.jpg[メール] サザンカは咲いては散り散っては咲きして、花の少ない庭に彩りを添えています。
 今までサザンカとツバキの区別がつかなかったのですが、絵を描いているうちに分かりました。花の散り方が違いますね。
◎ ツバキは花全体がポトリと落ちます。ツバキの落花 
     ツバキ-80.jpg
◎ サザンカは花びらがパラパラとばらけて散ります。 
     SZN (6)-150C.JPG  
 今は、サザンカもまだ咲いているしツバキも咲いていますから、どちらか分からないときは落ちた花を見ることにしました。

 まだまだこれからが冬本番ですね。
こんな寒いときは、少しのんびりして体調を整えましょう。それでは皆さま、風邪に気をつけてお元気で。



共通テーマ:日記・雑感

昼が一番短い日・冬至 [絵手紙]

 今年の冬至は12月21日らしく、スーパーの野菜売り場ではユズやカボチャを安売りしていました。冬至の行事を大切にしているわけではない私も、ユズの香りにひかれて買いました[わーい(嬉しい顔)]

冬至5T-350.jpg

[メール] 冬至にカボチャを食べ、ユズ湯に入る風習は今もありますね。

 冬至に関しては色々な説があるようですが、ユズ湯に入るのは、<冬至を『湯治』ユズを『融通』にかけて、健康に世を渡るという語呂合わせ>という説明を、いつだったか新聞で見たことがあります^^









とうじT-350H.JPG

[メール] 冬至用の食べ物というとユズとカボチャですが、昔はもっといろいろあったそうですよ。

 例えばレンコン・キンカン・みかん・コンニャクなど、名前に『ン』が付くもの。カボチャも昔は「南京」と呼ばれていたそうで『ン』が付きますね[わーい(嬉しい顔)]









 ↓ ずっと以前にリンゴの産地へ旅行した時の写真です。ユズ湯は香りですが、リンゴは色や可愛さが目を楽しませてくれました。(リンゴを見てお金に換算してはいけません。辛くなりますからね[わーい(嬉しい顔)];)
りんご-400.jpg

 
※ 真冬並みの寒気が続いたり、急に暖かい日があったりで、体には良くない気がしますね。どうぞ暖かくしてお元気にお過ごしくださいませ。


共通テーマ:日記・雑感

ナワシログミ・その他 [絵手紙]

 木枯らしも吹いたし昨日は冷たい雨で、庭のハナミズキの紅葉はかなり散り、今はヤマボウシの紅葉が美しくなってきました。
YMB (9)-550.jpg

 雨上がりの公園にあった花やいろんな実です。
NATU (53)C-550T.jpg

AME (58)C-550T.jpg

KHO (114)-550T.jpg

KMN (44)C-550T.jpg

AME (110)C-300T.jpg


[20161112]公園-450.jpg

KTI (1)-300.jpg
[メール] 『木枯らし』という言葉には、どこか民話っぽい感じがしますよね?
 この民話っぽい『木枯らし』ですが、木枯らし1号・木枯らし2号・・・などと、台風並みの番号がつくと、な~んだか趣が薄くなりますね[わーい(嬉しい顔)]
 テレビの天気予報をよく見ますが、天気の変化につながる気象の話は面白いです。ですが科学的に解明されると空想の余地がなくて少し味気ない気もします。

 寒くなりました、皆さま暖かくしてお元気でね。






共通テーマ:日記・雑感