So-net無料ブログ作成

短かった『初夏』 [絵手紙]

 まだ5月なのに急に夏日や真夏日になって、皮膚がチリチリするような7月の暑さには慌ててしまった[がく~(落胆した顔)];

img337-300.jpg

[メール]
本当の初夏のころは晴れれば爽やか、気分も最高ですよね。

 初夏の季節、植物に向き合う庭仕事は大きな愉しみの一つですから、自然に気分が和み、わたしの精神安定剤みたいな役目をしています[わーい(嬉しい顔)]

 そんな爽やかな初夏の日々は、本当に短かったですね。






img338-300.jpg

 ある日、急に太陽がギラギラしてきて、柔らかだった庭木の葉が一気に猛々しい濃い緑に変わりました。朝、窓を開けるとまぶしい太陽と濃い日陰のコントラストに圧倒されそうです。

 こちらでは蚊も出てきました。もう外でぼんやり愉しんでもいられません。

 それでは皆さま、熱中症や虫刺されにご注意くださいね。






共通テーマ:日記・雑感

エリック・カール展 [散策]

 世田谷美術館で、エリック・カール展が開催されていて、絵本の原画などが展示されていました。エリック・カールの絵本は絵を描くのではなくて、自分で作った色紙を切り抜いて貼り付け、昆虫や動物・風景その他を表現する、コラージュという手法で製作されています。丁寧で温かく、そして絵本を愛する作家のようでした。

EC展-550T_LI (2).jpg




3花瓶 (2)-350T.jpg



 エリック・カール展の印象が残っているうちに、わたしも花模様の紙を作り、コラージュの花瓶に花を挿してみました[わーい(嬉しい顔)]














共通テーマ:日記・雑感

ナワシログミ・その他 [散策]

 もう初夏、木々の緑も日ごとに濃くなってきました。写真は連休前に撮ったものですから、花はもう終わっていると思います。

 ↓ アケビの花は、なんとなく「和」の雰囲気がありますね。
M (24)-500T.jpg

M (25)-300.jpg



ここはカラスが多いので、いままで実がなっているのを見たことがありません。










 ↓ ナワシログミの実も熟れていて、季節を感じさせられます。



 ↓ 満開のミツデカエデ
M (90)-400T.jpg



かなり大きな木全体に小花がびっしり、花が先に咲いてから葉が出るようでした。








初夏の花 (216)-500T.jpg


 ↓ チョウジソウも咲いていました。
カメラの設定を間違えていたので、花の紫色がきれいに出ていなくて残念。
M (78)-500T.jpg

M (89)-500T.jpg

M (72)C-500T.jpg


 ◎ 今日は朝から本格的な雨降り日。この季節は気温や気圧の変化が急激で、日中と夜の温度差も大きいですね。体が慣れるまでは注意してお元気にお過ごしくださいませ。


共通テーマ:日記・雑感

お面かぶり(浄真寺)

 世田谷区奥沢にある浄真寺で、三年に一回『お面かぶり』の行事があり、今年は5月5日に行われました。広い境内の本堂と向かい合う形に建つ阿弥陀堂との間に橋をかけ、菩薩の面をかぶった僧侶たちが渡ります。この行事は東京都の無形民俗文化財にも指定されています。
九品仏 (3)-400.jpg


浄真寺の参道









 極楽浄土を現す上品堂(じょうぼん堂)とシャバ世界である本堂に三十六間の橋をかけて、菩薩の面をつけた人々が渡ります。

  まず菩薩さまの行列は、極楽浄土の上品堂(あの世)からシャバ世界の本堂(この世)に向かいます。
九品仏 (27)-550.jpg

九品仏 (33)-550.jpg

九品仏 (38)-550.jpg

九品仏 (60)-550.jpg

九品仏 (68)H-550.jpg

九品仏 (71)C-300.jpg
 行列の最後は錫杖(しゃくじょう)を持った菩薩さま。

お面の目の穴は小さくて目が見えないので、菩薩さまには必ず一人が付き添っています。檀家か信仰心の篤い方々のようでした。












  本堂(この世)にしばらくいて、再び上品堂(あの世)へ帰られます。
九品仏 (80)-550.jpg

九品仏 (87)-550.jpg

九品仏 (92)-550.jpg

九品仏 (121)-450.jpg

  1678年に浄真寺を開山した珂碩上人(かせきしょうにん)像の厨子を、あの世へ伴います。
九品仏 (132)-550.jpg

九品仏 (135)-550.jpg

九品仏 (149)-350.jpg

  稚児の行列が来ると、下にいる家族から声がかかったりして一挙に雰囲気が和らぎます。


  上と下で華やぐ















  更に再びあの世に行った僧侶が、珂碩上人(かせきしょうにん)像の厨子と共に、ハスの花びらの紙を撒きながら、この世に戻ってきました。
九品仏 (182)-550.jpg

九品仏 (192)-550.jpg


九品仏 (213)-550.jpg



 ◎ 無形民俗文化財の行事を初めて見ましたが、わからなくても理屈を言わずに謙虚に見なくてはいけないおごそかな行事のようでした。念のために付け加えますと、極楽往生の仕方には、信仰の篤い者から極悪人までの9通りの段階があるとされているそうです[がく~(落胆した顔)];;


共通テーマ:日記・雑感