So-net無料ブログ作成
検索選択

『バベルの塔』展 [散策]

 ブリューゲル『バベルの塔』展が、上野の東京都美術館で4/18~7/2まで開かれています。『バベルの塔』とは、なんでも旧約聖書の『創世記』の11章に出てくる巨大な塔らしい。
UEN (18)C-500.jpg


bruegel-p1[1]-550.jpg
300-200F-150.jpg


BABEL-550.jpg
300-200F-150.jpg



 『旧約聖書、創世記第11章』とは下記のような内容の文でした。 
 (日本聖書協会訳)


 
世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。

東の方から移動してきた人々は、シンアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。

彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。

彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。

主は降りてきて、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、

言われた。「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているからこのようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。

我々は降りて行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられなぬようにしてしまおう。」

主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。

こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。 


※ わたしはキリスト教についの知識がありませんので、何も言えません。


  これも『バベルの塔』
BABEL-F-550.jpg
300-200T.jpg王.jpg


 美術館に行った日は、偶然にも60歳以上は入場料が無料。予期していなかったので大変に得をした気分でした。
UEN (10)-550.jpg

 ↓ 映り込んでいる建物も、今見てきた絵に似ている感じ。
UEN (13)C-550.jpg